ホワイトニングの効果~綺麗な歯にする為の治療を知る~

案内

ホワイトニングって

医療器具

ホワイトニングの方法を把握しておきましょう。ホワイトニングの方法を把握しておくことで歯を白くすることが可能です。ホワイトニングにはホワイトニング剤を活用します。

もっと詳しく

もつ期間は

歯型

そもそもどうして歯が黄ばんできてしまうのか、というと、これは手入れが出来ていない場合、唾液の性質、それからステインの多い食べ物や飲み物を良く摂っている、という可能性が挙げられます。基本的に長い人であれば2、3年持つこともありますが、例えば日々コーヒーやワインを好んで飲み、カレーなどの着色力のあるものを多く食べる人であれば半年くらいで白さが失われてしまうことも。ですから、大体の目安としては半年から2、3年、と覚えておくと良いでしょう。しかし、一度ホワイトニングをしておくと、色が抜けやすくなりますから、歯医者さんに行って毎回時間や手間をかけなくても済むようになってくるので、自分のサイクルを見つけて、上手に付き合っていくと良いでしょう。ちなみに、今まではインプラントではめ込んである人口歯や差し歯はホワイトニングすることが出来ないとされていましたが、最近は様々な手法が開発されていて、中にはどんな構成の歯であっても白くすることが出来るようになっています。ただ、歯医者さんによってその取扱いは違ってきますから、人口歯や差し歯などがある人は、ホワイトニングを受けるその前に、全ての歯を白くできるのかどうか、確認を取っておくことをおすすめします。ホワイトニング治療は、横浜の歯科により、ホワイトニング剤の種類が変わってきます。ホワイトニング剤の種類により、歯にしみる可能性があります。ホワイトニングの種類について把握しましょう。



ホームかオフィスか

歯科

ホワイトニングにはホームホワイトニングやオフィスホワイトニングという種類があります。それぞれホワイトニングの方法は変わってきます。歯を白くするためにはどのような方法でホワイトニングするといいか把握しましょう。

もっと詳しく

保険は少ない

歯型

インプラントやホワイトニングは保険の効きにくい歯科治療といわれています。インプラントやホワイトニングで治療する際は保険に適用される治療か聞いておくといいでしょう。

もっと詳しく